研究内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究会活動

科研費c「九州地域の種痘伝播と地域医療の近代化に関する基礎的研究

本研究は、九州諸地域の牛痘種法(種痘)の伝播と地域医療の近代化の解明を目的とし、収集
した種痘資料を随時ホームページで公開し研究の一層の進展に資する。18 世紀末にジェンナーが
発明した牛痘種法は,約50 年後の嘉永2 年(1849)長崎で活着し、数年のうちに我が国各地に伝
播し、庶民の西洋医学への認識に強い影響を及ぼした。我が国での主たる伝播経路は解明された
が、九州各地域への種痘普及の実態およびその医学的・社会的影響の究明は不十分である。そこ
で種痘普及に関し、①前提としての紅毛流医学や人痘法の普及、②在村医らの果たした役割、③
公衆衛生の芽生えともいえる諸藩の医療政策としての展開、④地域の医療近代化・医学教育にど
う影響したかなどを解明し、医学史、科学史、文化史、近世史、近代史研究などに学術貢献する。  

研究会活動の内容

3年間の研究期間に研究代表者青木歳幸は、1)佐賀藩医学史研究、とくに支藩領への種痘普及
の実態解明を行う。2)九州諸藩領(含幕領)の種痘史料を収集し、資料の整理、ホームページへ
の公開を行い、研究の基礎を充実させる。3)種痘を通じて医師のネットワーク、医学教育への影
響、地域医療の近代化の解明という九州での在村蘭学研究を行う。W.ミヒェルは、1)村上医家資
料館、大江医家史料館、歴史民俗資料館、福沢記念館、小幡記念図書館などの器物・文書史料をもと
に、中津藩領の種痘関係史料を収集し、医学校形成などの医学教育との関連を究明する。2)漢
方医の西洋医学情報の収集と医療実態を解明する(大江家、村上家、屋形家、田渕家、田原淳、小幡英之
助、藤野玄洋、田代基徳など)。研究分担者大島明秀は、近世・近代の熊本藩(地域)の種痘の実
態や熊本藩医学教育の漢方から洋学校への転換を明らかにする。研究協力者海原亮は全国との医療史
研究の比較をし、小川亜弥子は萩藩との比較研究をする。

研究内容」への3件のフィードバック

  1. 種痘科研関係者各位
      29年度第2回種痘科研打ち合わせ会のお知らせ
                                 研究代表者青木歳幸
      下記により、第二回打合会を開催しますので、お集まりください。
     日時:11月5日(日)
     場所:電気通信大学東3号館301号室
     時間:17:15~19:15(洋学史学会ミニ・シンポ終了後)
     議題:1.科研費報告書史料集の準備状況
        2.30年度科研申請について

    以下、洋学史学会関連事業の案内です。関連委員はこちらもご参加ください。
                               編集委員長  青木歳幸
       洋学史研究事典編集委員会
    日時:2017年11月5日(日)10:00~12:00
    場所: 場所:電気通信大学東3号館301号室
    議題 1.見本原稿検討
       2.研究編項目、執筆者検討
       3.地域編項目、執筆者検討
       4.付録編検討
                             洋学史学会会長沓沢宣賢
     各位
    秋涼爽快の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。2017年度11月例会を、下記の通り開催いたします。
    日時:11月5日(日)午後1:30~5:00
    場所:電気通信大学(京王線調布駅) 東3号館 301教室
    ミニ・シンポジウム 「近世長崎の人と学問-『長崎先民伝注解』によせて-」
    13:30-13:35 趣旨説明:平岡隆二
    13:35-14:20 川平敏文「長崎という磁場―唐通事盧草拙を中心に―」
    14:20-15:00 吉田宰「西川如見の水土論と神道思想」
    15:00-15:10 休憩
    15:10-15:50 平岡隆二「長崎聖堂の学問と教育-向井元成、唐蘭御用、地役人教育-」
    15:50-16:10 コメント:大島明秀
    16:10-17:00 総合討論:司会・松方冬子
    洋学史学会事務局 182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    電気通信大学電気通信学部 佐藤賢一研究室気付
    E-mail:yogakushi@yogakushi.jpn.org Tel:042-443-559

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です