野中家の解剖書

2015年09月29日

 洋学 at 08:55  | Comments(0) | 医学史
野中シンポでの青木報告の要旨です。
1. はじめに
 野中家の蔵書は、医薬書関係で和書類だけでおよそ1000冊を優に上回る規模であり、2013年10月17日の初調査以来、ほぼ毎月1泊2日の日程で継続調査と整理を続けてきた。
野中家は江戸時代初期より薬種商として代々経営を行ってきたので、漢方医薬書がその主要部分をなしている。時期的には戦国時代末期から、幕末明治期を主として現在に至る。なかには、東医宝鑑という朝鮮医書があり、本草綱目の寛文版と正徳版も存在しているなど書誌的にも興味深い。西洋医学の普及にともない、西洋医学の翻訳書や外科学書、洋文の原書も少なからず所蔵されている。
 本報告においては、野中家所蔵解剖書の『蔵志』、『施薬院解体図』、『解臓図賦』、『解屍新編』、『解体新正図』の5つの紹介と歴史的意義を考えてみたい。

2. 『蔵志』について(野中家本)
京都の医師山脇東洋が、宝暦4年(1754)に初めて、京都の六角獄舎で観臓を実施した。東洋は5年後の宝暦9年に『蔵志』を著した。

3. 『解屍編』について
山脇東洋の解剖に次いで、萩で宝暦8年に男屍、宝暦9年に女屍の解剖をおこなったのが、東洋門人で萩の医師栗山孝庵だった。
ついで、明和7年(1770)に元唐津藩医で古河藩医の河口信任が、解剖を行った。信任はドイツ人医師ウェスリングの解剖書を見つつ、初の頭部解剖を行った。こうして日本最初の頭部、脳・眼球の解剖を終えた信任は、この成果を明和八年までにまとめて、翌年『解屍編』として刊行した。解剖図を担当したのは余浚明である。

4. 『施薬院解体図』について(野中家本)
寛政10年(1798)、施薬院・三雲環善と山脇東海が主宰して、実施した34才男子解剖図で、元俊も招かれて都督として参加。画は吉村蘭洲、木下応受、吉村孝敬。序文は元俊、蘭文は大坂の蘭学者橋本宗吉が書いた。もっとも蘭学の影響がうかがえる解剖図である。京都大学図書館や早稲田大学図書館本が知られる。野中家本にはオランダ語の注釈がない。写本の途中で消えたものであろう。

5. 『解蔵図賦』について(野中家本)
文政4年(1821)、京都の蘭方医小森桃塢が主宰して、京都で、小森門人池田冬蔵らが執刀した解剖の本。翌5年に初版を刊行。参加者が総数123名。江戸期における最大規模の解剖であり、乳び管が初めて実見された。胸管が左鎖骨下静脈に入るところで、二つに分かれていることを実見して記録した。
6.『解屍新編』について(野中家本)
宝暦4年(1754)に山脇東洋が解剖を行ったのをきっかけに、全国で解剖を志すものがつぎつぎと現れた。下野では那須郡の儒者諸葛君測(琴台)が、河口信任の著した『解屍編』に疑問を抱き、寛政年間、日光で男屍の解剖がおこなわれ、『解屍新編』として描かれた。「寛政癸丑(1793)之冬」の日付で君測の序文がある。本書は、晁貞煥(俊章)著・元正匡輔画である。末尾に、文政10年(1827)8月23日に鈴木雅長が写したとある。富士川文庫にもう一冊写し(文政2年)がある。本書に「日光山御医師山中療養院蔵」とあることから、山中療養院の旧蔵であったことがわかる。
7.『解体新正図』について(野中家本)
下野国の壬生(みぶ)藩で、藩医の齋藤玄昌(玄正)、石崎正達らを会主として天保11(1840)年12月11日におこなわれた解剖に基づき、高倉東湖が水彩で描いた8葉の彩色解剖図。壬生の黒川上河岸の刑場で、上州の盗賊・万吉の刑屍体を払い下げ解剖をおこなった。『解体新正図』は、『解体正図』と同様に8枚の図からなり、末尾に「右者於野州仁良川解体、明治三庚午歳二月十六日、会主田谷隆輔 清斎印(禅山)とあるので、明治3年に仁良川(現下野市仁良川)陣屋で医師田谷隆輔が会主として牢死人を解剖し、それを清斎(印には禅山)とある絵師が、『解体正図』と同様に8枚の絵で描いたもの。6.7の記載や所蔵印から、これらは下野国の医師が所蔵していたものが、縁あって野中家に渡ったものとみられる。
  

新刊紹介 お雇いドイツ人教師

 お雇いドイツ人教師

2015年08月23日

 洋学 at 06:51  | Comments(0) | 書評 | 科学史
◆留守の間に、うれしい郵便物が届いていた。小澤健志『お雇い独逸人科学教師』(青史出版、2015年8月7日発行、213頁、5000円+税)だ。◆小澤さんは、巻末の略歴によると、昭和45年(1970)生まれで、長崎県の上五島出身。佐賀大学理工学部物理学科に入り、平成3~4年にミュンヘン工科大学物理学科留学。佐賀大学を卒業後、民間会社に勤務のかたわら、お雇い外国人、とくに物理・化学などのドイツ人科学教師の研究を続けてきて、博士(学術)号もとり、本書の出版に至った。◆内容は、第一章 幕末から明治初期における科学教育、第二章明治10年の東京大学設立までの前身校における独逸人科学教師、第三章G.ワグネルについて、第四章数学及び測地学教師E.クニッピング、第五章化学及び鉱物学教師C.シェンク、第六章日本への西洋理化学の啓蒙者の一人ヘルマン・リッター(1827~1874)について、第七章G.A.グレーフェンの足跡、第八章 アルフレット・ウエストファルの足跡、第九章 日本で最初の独国人独語教師V.ホルトについて、第十章、総括的考察と今後の課題となっている。◆本書の最も優れている点は、上記のあまり深く研究されてこなかったドイツ人科学教師について、我が国の文献だけでなく、ドイツ各地に残る関連文献や雑誌論文等も読解し、実証的に考察していることである。従って、従来のお雇いドイツ人研究者の見落としがちだった離日後の足跡まで丁寧に追っている。◆最初の出版であるため、序章やまとめのしかたにややぎこちなさを感じるところもあるが、それぞれの教師に対して全力で研究をした勢いと熱意が強く感じられるよい本である。公的機関や関係研究者各位の購読を期待したい。
  

新刊紹介 日蘭関係を読み解く

松方冬子編『日蘭関係史をよみとく(上巻つなぐひとびと)』(臨川書店、2015年6月30日、4200円)が出た。編者は、序論で江戸時代の日本は金銀銅の産出国であったこと、江戸時代の日蘭関係は国と国の関係でなく、かかわった人の関係であることとして、日蘭関係をつなぐ人々のありようからよみとくことにしたと述べた。つなぐひとびととした由来である。◆第1部日本とつきあうでは、第一章松方冬子「一七世紀中葉、ヨーロッパ勢力の日本遣使と『国書』、第二章福岡万里子「幕末の日蘭関係と諸外国ー仲介国としてのオランダー」、第三章パトリツィア・カリオティ(クレインス桂子訳)「長崎の唐人社会」で、外交使節、領事、唐人の人と交易関係を述べる。◆第2部長崎にすまうでは、第四章鈴木康子「天明前期の長崎情勢と長崎奉行の特質」、第五章松井洋子「出島とかかわる人々」、第六章イザベル・田中・ファンダーレン「オランダ通詞と「誤訳事件」-寛政の「半減商売令」をめぐって」で、長崎奉行、商館員、通詞などの長崎貿易にたずさわる人々の実態を述べた。◆第3部蘭書にまなぶでは、第七章益満まを「草創期の京都蘭学ー辻蘭室文庫の書誌的考察ー」、第八章上野晶子「江戸幕府の編纂事業における『厚生新編』と蘭学の「公学」化」、第九章勝盛典子「蘭学と美術ー北山寒厳・馬場良の事績と舶載の世界地図をめぐってー」では、京都の蘭学者辻蘭室にみる蘭学の浸透や、蘭学の幕府「公学」化、美術への影響を述べた。◆最後に編者は、下巻へのいざないとして、上巻が人をとおしての日蘭関係を描いたが、下巻はモノをとおしての日蘭関係を描くとした。じつに興味深い論考ばかりであり、時間をかけてよみとくことにしたい。

野中家シンポ

1. はじめに
野中家の蔵書は、医薬書関係で和書類だけでおよそ1000冊を優に上回る規模であり、2013年10月17日の初調査以来、ほぼ毎月1泊2日の日程で継続調査と整理を続けてきた。
野中家は江戸時代初期より薬種商として代々経営を行ってきたので、漢方医薬書がその主要部分をなしている。時期的には戦国時代末期から、幕末明治期を主として現在に至る。なかには、東医宝鑑という朝鮮医書があり、本草綱目の寛文版と正徳版も存在しているなど書誌的にも興味深い。西洋医学の普及にともない、西洋医学の翻訳書や外科学書、洋文の原書も少なからず所蔵されている。
本報告においては、野中家所蔵解剖書の『蔵志』、『施薬院解体図』、『解臓図賦』、『解屍新編』、『解体新正図』の5つの紹介と歴史的意義を考えてみたい。

2. 『蔵志』について(野中家本)
京都の医師山脇東洋が、宝暦4年(1754)に初めて、京都の六角獄舎で観臓を実施した。東洋は5年後の宝暦9年に『蔵志』を著した。

3. 『解屍編』について
山脇東洋の解剖に次いで、萩で宝暦8年に男屍、宝暦9年に女屍の解剖をおこなったのが、東洋門人で萩の医師栗山孝庵だった。
ついで、明和7年(1770)に元唐津藩医で古河藩医の河口信任が、解剖を行った。信任はドイツ人医師ウェスリングの解剖書を見つつ、初の頭部解剖を行った。こうして日本最初の頭部、脳・眼球の解剖を終えた信任は、この成果を明和八年までにまとめて、翌年『解屍編』として刊行した。解剖図を担当したのは余浚明である。

4. 『施薬院解体図』について(野中家本)
寛政10年(1798)、施薬院・三雲環善と山脇東海が主宰して、実施した34才男子解剖図で、元俊も招かれて都督として参加。画は吉村蘭洲、木下応受、吉村孝敬。序文は元俊、蘭文は大坂の蘭学者橋本宗吉が書いた。もっとも蘭学の影響がうかがえる解剖図である。京都大学図書館や早稲田大学図書館本が知られる。野中家本にはオランダ語の注釈がない。写本の途中で消えたものであろう。

5. 『解蔵図賦』について(野中家本)
文政4年(1821)、京都の蘭方医小森桃塢が主宰して、京都で、小森門人池田冬蔵らが執刀した解剖の本。翌5年に初版を刊行。参加者が総数123名。江戸期における最大規模の解剖であり、乳び管が初めて実見された。胸管が左鎖骨下静脈に入るところで、二つに分かれていることを実見して記録した。
6.『解屍新編』について(野中家本)
宝暦4年(1754)に山脇東洋が解剖を行ったのをきっかけに、全国で解剖を志すものがつぎつぎと現れた。下野では那須郡の儒者諸葛君測(琴台)が、河口信任の著した『解屍編』に疑問を抱き、寛政年間、日光で男屍の解剖がおこなわれ、『解屍新編』として描かれた。「寛政癸丑(1793)之冬」の日付で君測の序文がある。本書は、晁貞煥(俊章)著・元正匡輔画である。末尾に、文政10年(1827)8月23日に鈴木雅長が写したとある。富士川文庫にもう一冊写し(文政2年)がある。本書に「日光山御医師山中療養院蔵」とあることから、山中療養院の旧蔵であったことがわかる。
7.『解体新正図』について(野中家本)
『解体正図』は、下野国の壬生(みぶ)藩で、藩医の齋藤玄昌(玄正)、石崎正達らを会主として天保11(1840)年12月11日におこなわれた解剖に基づき、高倉東湖が水彩で描いた8葉の彩色解剖図。壬生の黒川上河岸の刑場で、上州の盗賊・万吉の刑屍体を払い下げ解剖をおこなった。『解体新正図』は、『解体正図』と同様に8枚の図からなり、末尾に「右者於野州仁良川解体、明治三庚午歳二月十六日、会主田谷隆輔 清斎印(禅山)とあるので、明治3年に仁良川(現下野市仁良川)陣屋で医師田谷隆輔が会主として牢死人を解剖し、それを清斎(印には禅山)とある絵師が、『解体正図』と同様に8枚の絵で描いたもの。6.7の記載や所蔵印から、これらは下野国の医師が所蔵していたものが、縁あって野中家に渡ったものとみられる。